読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日録・明日も平和

平和ボケした僕らのための日録。20代・既婚者・ベース・機材・バンド・ラジオ

閏日。今日は4年に一度の大鬱憤ブチまけセール。以下、だからなに、っていうなよっていう話。

20160229の日録。
疲れてる時とか、精神的にあまりよろしくない時にSNSとか見ちゃダメだぞ。愚痴とか零してるアホとかの投稿を見ちゃダメだぞ。こっちの方が辛いわ、バカ!って思わず口に出して、あわよくばクソみてえな返信をしてしまおうか!と思ってしまってはダメだぞ。
そりゃあ嫌われたくないもんだから、エゴとエゴの狭間に今日も生きている。むやみに考えるだけじゃ進まない物事。誰かに相談くらいしたっていいじゃないか。と、言い聞かせている。なかなかできていないこともあるけど。自分の好き勝手生きさせてくれ!!というわけにもいかない。つらいつらい。
そうそう、Twitterを大学生の頃からやっていて同級生もフォロワーとしているわけなんだけれども、なかなか卒業してからも未だにつぶやき続けている人は多くない。ほぼいないんじゃないかな。でも俺の場合、むしろ前にも増してツイート数が伸びている気がする。荒ぶったツイートをすることも少なくない。
たまに気になってしまうんだよね〜。あの友達が俺のツイート見て「まだあいつTwitterやってるのかよ」って思われているのではないかと。でも敢えて言わせてくれ、「そんなもん知るか」って。これだから友達は多くない。
Facebookは、絶対に更新しない。なんかあの雰囲気が嫌いだから。旅行と結婚の報告をする場所だもんね。あと、愚痴とかをつぶやく人にロクな人いないもんな。あそこはただの自慢大会会場。今時あそこで結婚を知るなんて常識みたいなとこあるけど俺、報告してねぇや。会った人にだけ伝えてる。それでいいでしょ。あとは、元バイト先の社長さんから毎年年賀状がくるからたまには返信しようと思い、そこで結婚のことを伝えた。これ、今時の若者にしては素晴らしくないですか?
SNSでの争いは本当に不毛。いやさ、本当に害悪だよ。しかし、世間体とか気にしてたら何にもできねぇぞ。
とりあえず、土日休みの社畜自慢はやめてくれ。「えっ、君が敢えて土日休みじゃない職を選んだんでしょ?何言ってんの?」…ってその通りだよ。でもね、最初に騙された感はある。なぜなら、平日休みすらまともに取れていないから。何回もこの日録で言及してるかもしれないけど、この仕事じゃまともに休み取れるわけがない。いわゆる現場監督なんだけど、工事を土日にやるわけなんですよ。休みの日に。なぜ休みにしかできないかは察してくれ。もっと察しのいい人はこの時点で、休みがない理由を察してくれ。んで、平日はその工事の打ち合わせ等々をやるわけですよ。多い時は数十件も。お客さんの都合で。そうすると、なかなか定休日が決められないのです。…いや、てめえで休みを決めるのも裁量だろ、って俺も思うよ。休みづらい空気ってあんじゃん?これ言い出したらもう終わりだと思うけど、もういいや、どうでも。本当にね、悔しいの。まともに休みも取れずに好きなこともできずにさ。ここ十年くらい、いや生まれてこのかた後悔ばかりである。学生時代、勇気もなければエゴもバカみたいに気にするあまり好きな子に好きとも言えず、学業にも専念できず、好きなことも中途半端にしかできず、なーんの成功談もない。悔しいよ。今日も帰ったら奥さんに慰めてもらうんだ、こんなバカな旦那でごめんよって。今の仕事が辛いことばかりじゃないとわかっているけど、この現状この精神を洗い直さないと、打破できそうにない。