日録・明日も平和

平和ボケした僕らのための日録。20代・既婚者・ベース・機材・バンド・ラジオ

愚痴愚痴〜

言霊という言葉があるようにマイナスな言葉を放つとやっぱりマイナスな気分になったりするよね。文字に起こすと尚更。逆にプラスな言葉を放ち続ければ、プラスな気分になるかもね!なんて思いつつ。あとは、ファンがマイナスな言葉言い続けると、そのバンド・アイドルの本人に悪いなぁって気持ちになるから、なるべく言わないようにしてる。じゃあ捌け口は?って、記録に残さなければ良いのよね。だれかに会って話そう。聴く側は、あんま気にしてない。あとは、マイナスな言葉は下書きに残してみてうーんと考える。ダメだと思ったら、サヨナラ〜って消しちゃう。やっぱりね、前向いてて悪いことはないと思うよ。そんな感じ、ほいじゃね。

【ネタバレあり】20180614 ロッキンカルテット

今回は初めての試み、名古屋ブルーノートへ行って参りました〜。山田さんがなかなかソロで弾き語りしに来てくれないから、、と思ったらこんな盛大な企画…。最高。

f:id:asu_mo_heiwa:20180615002859j:image

オリジナルカクテルの“共鳴”のチラシ

f:id:asu_mo_heiwa:20180615002710j:image

空前のマイブーム、オリーブを添えて

f:id:asu_mo_heiwa:20180615002800j:image

すごく飲みやすかったけど、テキーラ×赤ワインなのであとからすごくベロベロコース。

 

取り急ぎセトリをば。

1.冬のミルク

2.生命線

3.ひとり言

4.罠

5.コバルトブルー

6.空、星、海の夜

7.Si-So♪Dance(カルテットのみ、多分この曲であってると思います…。)

ここからピアノin

8.木蘭の涙(スターダストレビューカヴァー)

9.あなたが待ってる

10.ガーデン

11.美しい名前

en.With you

 

こうしてみると、バックホーンの曲はほぼベスト盤に収録されている割とベタな選曲。

しかしながらロックバンドで編曲された曲をカルテットで再編曲すると、こんな感じになって丸裸になったような感じになる(山田さん談)
1st ギターソロパート・主メロ・パーカッション(!)

2nd ギターアルペジオパート(ハイ)・サブメロ

ヴィオラ ギターアルペジオパート(ロー)・リフ

チェロ ベース

わりと原曲に近いアプローチでした。

 

冬のミルクでは1stヴァイオリンがドラマのようにヴァイオリンをパーカッションのように使っていた。なるほど、こういうアプローチがあったのか、と驚いた。山田さんは第1部でも本気を出したのであろうと容易に想像できるかすれ気味の声でスタート。ちなみにベースラインがチェロでなかなか忠実に再現されていて、2Aメロは新録仕様のベースラインだった。

そして、生命線。ヴィオラがギターのアルペジオを弾いて、2ndが音源でいうシンセ的な音作りの箇所を担当したり、原曲をカルテットによって丸裸にしたアレンジがよかった。1サビ後のイントロでも1stはパーカッションのようなアレンジをしていていたなかなか見事なアプローチ。

ひとり言。バックホーンでもここ最近見ないマニアックな選曲。不穏なアルペジオも忠実に再現されて、先ほどまではなかなかカルテットと同調していたが、この曲では山田さんとカルテットが分離しているような印象を受けた。もちろんわざと。

罠。イントロのリフは全員ユニゾン。Aメロや、1A2A間のギターフレーズはまるでヴァイオリンで弾くために考えられたフレーズだったのかと思うほど良かった。この曲でもチェロはベースラインを再現されてていた。エレキベースを弾く身としてはフレットレスであのサビの3・3・2フレーズを弾くのは至難の技だと思う。

コバルトブルー。イントロでは青い照明がとても映えていた。そして、ここでくるか…!という曲順。バンドでは、チューニングを変則的に行ってリフを弾きやすくしているのだが、よくぞ全員弾き切った、さすがプロ…と感心した。激しい曲が登場して、ラストサビでは山田さんからは汗が多量に飛び散っていた。あの景色はとても美しかった。

空、星、海の夜。アルペジオを2ndとヴィオラでピチカートでハモらせたり、ジブリ感が増していた。歌は叫ばず控えめで、どっしりとした歌いっぷりだった。

Si-So♪Dance。カルテットのみのアレンジ。すごくかっこよかった。曲が終わった後にこの曲名言ってたはずだけど、Apple Musicで帰りに聴いたらアレンジが全く違ってこれで合ってるか不安になっている…。笑

そして、次の曲からピアノを迎えて後半戦。

木蘭の涙。カバー曲を一曲やるというルールで山田さんが選曲した曲。「さっきまでコバルトブルーみたいな曲歌ってた人が選ぶとは思わなかった」とNAOTOさん。山田さんらしい粘っこい歌いっぷりでとても良かった。

あなたが待ってる。ストリングスもピアノも原曲ではフューチャーされている曲だが、ストリングスのアプローチがまた違っていて面白かった。もちろんチェロによるベースライン再現度がかなり高かった。

ガーデン。唯一のベスト盤未収録曲。4thシングルカップリング曲でありながら、ファン人気の高い(と思われる)曲がまさかの抜擢。正直、これ歌ってもらえたら最高だよなぁ〜ってずっと考えてた。向かいの席に座ってた方も山田さんが歌い出した瞬間、思わず口を手で塞いでいたので、同じ気持ちだったのであろう。ベースパートがピアノとチェロがユニゾンしたり、1stヴァイオリンがまたもやパーカッシヴに、プレイしたり2ndとヴィオラがギターのパートを儚げに弾いていて、もう完璧。これで音源作っていただきたい、そして無限に聴きたいと思うレベルでよかった。近年バンド時では半音下げていると思ったけど、この時は原曲キーだった気がする。楽器隊の音量がバンドに比べて小さいから気負わず声が出せたりするのかな、と思った。

本編最後、美しい名前。バンド・ストリングス編成でツアーをした時のストリングス隊とのアレンジのアプローチとはまた違って、こちらも良かった。

アンコール・With you。歌う前に山田さんが「バックホーンが20周年を迎えることができて、活動の最初の頃は痛みとか悲しみをぶつけてきたけど、それを乗り越えてみんなと繋がることができた。これからもよろしく。」といった感じのことを言っていた。たしかにWith youは活動初期の鬱屈した感じとは正反対の曲ではあるが(With youのような優しい曲はもちろんあったけど、顔となる、代表とするような立ち位置ではなかった)、長年応援してきた身からするとこの曲は本気でいろんな人に聴いてほしい、個人的にはいろんな人に勧めたい曲No.1。とまぁ個人的な感情多めでしたが、カルテット+ピアノで再現された世界観はとても雄大で、最後の曲を飾るのに相応しかった。この曲のチェロのベースライン再現度がかなり良かったです。

 

とまぁ、ざっくりでしたがレポートでした。名古屋ブルーノート、接客が最高でした。こんな若者にも手厚く対応していただいて、、ありがとうございます。

【ネタバレ注意】20180320 THE BACK HORN 20th Anniversary「KYO-MEIワンマンライブ 東京編」〜情景泥棒〜

行ってきましたZepp Tokyo!!!

グッズの先行販売見逃してたら、Tree Tシャツの白Mサイズが売り切れてた!!!悔しいからXLを買ってビッグT風に着るという機転をきかせてみた!!

あとは、サコッシュとステッカー買った!!

 

f:id:asu_mo_heiwa:20180322235351j:image

LINEアンケートに答えてもらえた情景泥棒ステッカー。背負ってるのは、生姜ではなく「情景ポンプ」(筆者の松田さん談)である。某ビッ○リマンみたいなキラステッカー。実はこれ、フルサイズステッカーじゃなくて切り込みがあるので、一回り小さいです。裏デザインあるのかなぁとか思ったらちょっと突貫感がありましたが、タダでもらってるんでアレです。どこに貼ろうかな。

 

SE:菅波さん作曲「情景」をイメージしたインスト、素晴らしかった…!

1.がんじがらめ

半音下げ機材使用。ま!さ!か!の1曲目!イントロから歓声が湧くマニヘブ感。サビの「がんじがらめがらめ〜」をめちゃくちゃ客に煽っていた!「マジハンパないっすねー」を菅波さんが叫んでて笑った。最高!

2.真夜中のライオン

なんだこれ!!最高の流れだ!イントロの山田さんの「うおおおおおおお」が最高。

3.孤独を繋いで

なんだこの怒涛の流れ…!シンガロングが会場中響いてた。勢いで前方のブロックへ!最高!


4.その先へ

またしてもシンガロングのある曲!アツすぎる!最高!
5.雷電

松田さんの聴き覚えのあるビートから、まさかの雷電!初めにやらなかった時点で諦めてたからびっくりした。Dメロのベースでディストーション+フェイザー魔界のような音を作るんだけど、アウトロまでずっとかけっぱなしだった気がした。最高。

6.生命線

菅波さんがDmのコードをポロローンしたので、もしや…!と思ったら!最高!アウトロのシャウトがちょっとしんどそうだったけど、最高だった!!

7.8月の秘密

キーを半音下げてた。いや、仕方ない…!よくやってくれたよ…!最高!

8.情景泥棒

半音下げ機材使用。先ほどの戦時中の歌から急なコスモ。山田さんもギター持ってた。最高。
9.情景泥棒 ~時空オデッセイ~

半音下げ機材使用。歌パートのところはほとんど岡峰さんの独壇場であとはまんな同期って感じでしたわ。「花〜」の菅波さんのコーラスが素晴らしい。後半の演奏パートは山田さんノイズギター担当。最高。
10.光の螺旋

レギュラーチューニング+ドロップD。ズクスグのビート、松田さんはシングルペダルなので、ドコドコではなくフロアタムを駆使してドコドコ感を演出。ハモリもバッチリで最高!!

 

11.ヘッドフォンチルドレン

菅波さん、カポを2フレットになんかつけてどうした?と思ったら、この曲があったかー!!岡峰さん5号機使用&口笛担当、山田さん鍵盤ハーモニカ使用。松田さん「声を聞かせて〜」のコーラス担当。2番では「カモンZepp Tokyo!」って煽ってた。なかなかの早口だったけど…伝わったぜ!個人的には最初にはまったアルバムなのに、なんだかんだで初めて聴けた気がする。今までライブ盤ばーっか聴いてたけど、やっと更新された。最高。
12.未来

菅波さんがCのコードをポロローンとしたから、何処へ行くかな?と思ったらまさかの未来。大サビの叫び、すごくグッときた。最高。
13.儚き獣たち

半音下げチューニング。歌う前に「みんなのために歌います」と山田さんが言ってた。イントロ、2Aメロの岡峰さんタッピングがバッチリ聴けた!!最高!!
14.導火線

LINE LIVEで話題に出てたからもしやと思ったら、案の定!!去年のリリースだけど夏フェスでしかやってなかったのでようやく聴けた!スラップバキバキだった!最高!!
15.シンフォニア

畳みかけてキタァ!!!客の熱気がすごかった!!最高!!!
16.コバルトブルー

大サビ前Dメロで岡峰さんが感極まって完全に演奏放棄して両手挙げてたね…なんてかっこいい男なんだ…!って思ったよね。最高!!!!
17.Running Away

打ち込みバッチリ決まってた!かっこいい。最後までシンガロングがある曲だったのな。サビの疾走感がやっぱ最高だな!

 

en1.閃光

レギュラーチューニング。サビの菅波さんのハモリが最高だった!!
en2.グローリア

サビの「打ちならせその鼓動」の前に菅波さんが前へ出てて、コーラスのために急いでマイク前に戻っていた、最高にエモかった!!

en3.無限の荒野

ベースのアレンジはベスト盤再録ver.でした!!!前の野音の時はノーマルアレンジだったので、とても嬉しかった!!会場の声も良かった!!最高!!!

 

なんか、シンガロングする曲ってここまで多かったっけ?ってくらい叫んだ、共鳴した!!!数えると、11曲もしてる!!そりゃ最高な公演にもなるわけだ!!!最近のバックホーンはライブ毎に更新してくるから最高!!!!

山田さんの服、ビッグTかと思いきや片腕長袖で片腕半袖で、どこで買ってきたんや…!ってなった。松田さんも黒地に赤い花が散りばめられている服で、どこで買ったんや…!ってなった。赤が似合うよね松田さんは。

次は4/1のユニゾンとの対バン編を観に行く!!すごく楽しみ!!!!!!最高!!!!!!

 

以下、MCメモ。

岡「今日に向けてのリハの時、何日か同じTシャツ着てたけど、まさかSE作りに没頭してた?」
菅「そう!」
山「リハ終わったら脱いでるんだよね?」
菅「いや、脱いでない。脱ぐとアイディアがとぎれちゃうから」
松「20年前から同じこといってるよね」
岡「最近やっと真人間になってきたと思ったら…」

〜〜

山「これから…毎日よろしくね」

人生の岐路なんて大げさにいうけどさ。

MOROHAがやってるTOYOTA CH-RのラジオCMが、言ってることは分かる、そしてすごくいいこと言ってる。うんうん、すごく分かるんだけどまぁちょっと苦手なんだよね。

【C-HR】大人の選択篇 - YouTube

「これって別にCH-Rじゃなくても当てはまるんじゃね?」って思って俺はSUBARUのFORESTERを買ったんですけれども。こっちの方がかっこいいし。燃費はCH-Rの方が断然いいけど。

 

人生の岐路に立つなんて大袈裟に言ってみるけど、毎日が選択の連続だよね。私の“趣味”と言ってきたバンドもまぁメンバーみんなが結婚したり家族が増えたり転勤したりして。なかなか趣味に集中する、なんて時間が少なくなった。いや、むしろなくなった。ほんとはもっとやりたいこといっぱいあるんだけど、まぁ生きていくことが大前提になるわけだから、しょうがないよね。メンバー全員の人生を背負ってるわけじゃないし。背負い切れるほどのバンドじゃないし。

 

だけど、MOROHAが言うようにそれら全部かっさらう術を探している。答えが自分自身に見つかった時、MOROHAの音楽も苦手意識だとか捻くれた気持ち抜きに聴くことができるんだろうなぁ。

産婦人科に行った。

初めて行ったので、とても緊張した。どれくらいかというと、家に帰って4時間後に肩凝りがひどくなる程度に。ちゃんと病院に妻が行ってくれたので、帰りにお寿司を食べさせてあげた。それはただの口実で、お寿司が食べたかったのは俺だった。そんなことも筒抜けである。今日、近しい友人からおめでたい報告があり、内心自分自身も少し焦ってきた。それはダメだということも分かっている。でも、結構周りから言われるようになったんだよな。家族からは言われないが、仕事の関係で。まぁ、4月に職場が変わるので気にすんなって感じですけれども。そんなこと言ったられっかって感じですけれども。眠いのでここら辺で寝ようと思いますけれども。

アウター買った。

レジでお姉さんの胸元が結構覗き込めました。冬なのに。すみません、ありがとうございます。アウター大事に着ます。

2018年の目標。

  • 資格試験に合格(昨日、一つ合格通知が来たので、勢いに乗ってあと3つくらい取りたい)
  • 異業種へ転職するので、勉強を続ける。
  • 節約と不労所得の方法模索。ふるさと納税はやった、滑り込みで。
  • THE BACK HORN20周年のお祝い。ベース弾いてみたり、文章もいっぱい書きたい。
  • 断捨離の継続。メルカリに色々出してみようかな。

 

いずれにしても、今年はかなり変化の年になると思います。頑張るぞ〜。