日録・明日も平和

平和ボケした僕らのための日録。20代・既婚者・ベース・機材・バンド・ラジオ

20170625 9mm Parabellum Bullet@日本特殊陶業市民会館

9mmの超名盤「BABEL」を引っさげたツアー、TOUR OF BABEL 」に行ってきました。

 

最近は基本的にはグッズを買わない、を信条にしていますのでガチャガチャを2回だけ引きました。

 

f:id:asu_mo_heiwa:20170710180523j:image

 

初めて観るサポート三橋さんのバッヂが当たりました。最初は「なんだよ〜」とか思ってましたけど、ライブ観たら超カッコよくて、「こりゃ当たりだわ」に変わりました。HERE、すごくカッコよかったです。(9mmを久しく観てなかったので、武田さんサポートも初めて観た)

 

本編は2部構成+アンコールでした。

1部は「LIVE OF BABEL」と銘打って、BABELを一曲目から再現していました。しかもMCなしのぶっ通し。

滝さんのギター(タッピング等)やコーラスも同期(音源を同時再生)させていて、存在感がありました。当の本人は関係者席でノリノリで聴いてたそうです。(卓郎談)

開演はいつものSEではなく、ホールらしくブザー音での登場。

ロンググッドバイのタッピング、Story of Gloryではコーラスが、I.C.R.Aもギターソロが同期されていた。あと、ギターノイズとか。ガラスの街のアリス、眠り姫は同期はなかった気がする。

火の鳥でスモークを焚きすぎたあまりカズ中村が雲隠れしたり、変拍子のため間奏後の歌い出しを一拍間違えてしまっていて、なかなか緊張感のある再現だった。

Everyone〜(エビワン)では、コーラスが同期されている上に、ちひろも珍しくコーラスに参加していた。

バベルのこどもたちの卓郎バッキングはレスポールの気持ちいい音が最高だよね。ちひろ側で見ていたから複雑なリズムが間近で見られてよかった。

ホワイトアウトではミラーボールが登場して会場からもざわめきがあり、歌謡感がより一層あった。

それからは本当に圧巻だったな。これは9mmにしか歌えないよ。どんな未来が待ち受けていても私はあなたと苦しみたい、乗り越えたい。なんて今の9mmの境遇を歌っているのかな、と勘ぐったり。

 

2部は、「OUTSIDE OF BABEL」と銘打たれ、BABEL以外の曲を披露していた。ここで、いつものSEが流れる。

サクリファイスから始まる。卓郎が滝さんパートのアルペジオを弾く。

The Revolutionary、ダークホースと続く。

 The Lightningのギターソロでは、HEREギター陣によるまさかのツインソロ。かっこよかった。

カズ中村がモニタースピーカーに座り込むとベースアルペジオのソロ、からの黒い森の旅人。意外なアレンジだった。

キャンドルの灯をの前のセッションでは、三橋さんのアドリブがかっこよかった。ブルージーなアレンジ。ここで心を完全に鷲掴みにされた。

 続いてインフェルノでは、卓郎がイントロのタッピングを弾いてた!かなりビビった。

 

…と、途中まで書いたけど、下書きを成仏させるために途中だけど投稿!(2017年10月21日)

 また思い出したら追記する!

 

以上、ライブレポでした〜。